ケアプラン作成

居宅介護支援

居宅介護支援とは

居宅介護支援

ご利用者様が適切な介護サービスを利用できるよう、また介護をされるご家族にとっても安心した暮らしが送れるよう、 どのような介護サービスをいつ、どのくらい利用するのが良いか、ご利用者様にとって最適・最善のケアプランを作成することです。 一人ひとりの心身の状態にあわせ、またご利用者様ご本人とご家族の要望を踏まえて作成してまいります。

ケアプランとは

申請からサービスの利用まで

介護保険申請の流れ

1.申請書を提出
介護を受ける本人・家族のほか、専門の事業者に申請手続きを依頼することもできます。※申請は市・区役所または町・村 で受け付けます。
2.認定調査
市町村の職員など専門の調査員が在宅等を訪問し、心身の状態などについて聞き取り調査を行います。
3.審査・判定
調査結果や医師の意見書、コンピュータによる一次判定をもとに専門家が公正な立場で、介護の必要性などを審査します。
4.判定結果の通知
本人または家族に、介護認定の結果、介護の手のかかり具合などをお知らせします。(原則として申請から30日以内)
5.介護サービス計画の作成
認定結果に基づきライフプランの担当員が、本人や家族と相談のうえ、最適な介護プランを作成します。(プラン作成の費用は利用者またはその家族に負担はありません)

※認定内容は、「要支援状態」と「要介護状態」の2つに大別されます。
また要介護状態は手のかかり具合に応じて5段階に分かれます。 認定内容によって受けられるサービスやサービス利用の限度額が異なります。
 
※要介護と認定されなかった場合など、認定結果に不服があるときは都道府県の「介護保険審査会」に申し立てができます。

こんなときはご相談ください

  • ホームヘルパーを頼みたい
  • 介護の仕方がわからない
  • 介護用品・住宅改修を知りたい
  • 介護者が病院、外出等でお世話ができない
  • 配食、入浴サービスを受けたい
  • 他、介護に関する悩み等
このページのトップへ戻る